働き方改革対応、労務管理のご相談は吉祥寺の「社会保険労務士 吉祥寺HRオフィス」

NEWS 出生時育休 管理監督者も就業可能――厚労省

2022年08月29日

厚生労働省は、今年4月から順次施行している改正育児介護休業法のQ&A集を改定し、出生時育休期間中の就業に関する留意点を拡充した。労働基準法上の管理監督者に対しても、出生時育休中に部分就業を行わせることができるとしている。所定労働時間の合計の半分までとされている就業可能時間数の上限は、就業規則などで定めた所定労働時間から算出する。合意した時間数よりも働いた時間が少なかったことを理由に賃金減額を行うと、管理監督者性を否定する要素になるとして注意を促している。

引用/労働新聞令和4年8月29日3366号(労働新聞社)

お問い合わせ

0422-69-2017お問い合わせフォーム

受付時間:9:00~17:30 定休日:土日祝祭日・年末年始